家族でたのしくフィッシング

主に家族で釣りを楽しむためのお話をつづるブログです。友達と釣りをされる人や、一人で釣りを始められる人の参考にもなれればと思います。

雨はともかく風は嫌!! ~天気と釣りの関係について~

 本ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 ここ数日、天気が崩れ気味でしたが、今回は天気と釣りの関係などについて少し書いてみます。

 

 

 僕が釣りに行く時には、基本的に雨の日は避けています。

 釣りに行った先で急に雨に降られて、致し方なく釣りをするというケースはありましたが…家族で釣りに行く時にも、雨に降られると厄介ですよね。テンションだだ下がりです。

 

 

 あまりにも雨が降ってしまうと、海水温が低下したり、海水の塩分濃度が薄まったりして、魚が釣りづらくなるケースも見られます。

 また、釣り人自身も体が冷えてしまうため、落ち着いて釣りをすることが出来ません。雨合羽を着ての釣りというのも経験はありますが、夏の日でも直接では無いといえど雨に当たるため、寒さで釣りを切り上げた記憶があります。

 

 

 ただし、釣りをする際に雨が必ずしもマイナス要素になるかと言えば、そうではないとも言えます。

 

 

 あまりにひどい土砂降りの時は避けるとしても、小雨程度であれば釣り人の気配をある程度消してくれるため、魚の警戒心も薄れ釣りやすくなるようです。

 また、低気圧が魚の体に与える影響の関係からも、雨の日などは魚の活性があがるそうです(元漁師のお師匠様談)。

 

 

 また、天気の話で言えば、雨よりも風の方が釣りをする上では厄介ですね。

 仕掛けが思ったように操作できないですし、魚からのアタリも分かりづらくなります。そして、風が強い日は当然ながら、海が波立ちます。

 

 

 暴風や高波が発生している時には、絶対に海には近づかないようにしてください。

 毎年何人もの人が、暴風や高波が発生している海で命を落とされています。いくら他に釣り人がおらず、魚が釣れるから(かも?)と言っても、命を落としてしまっては元も子もありません。

 

 

 あと、雷が発生している時にも、絶対に釣りに行っては駄目です。

 釣竿みたいな「避雷針」を抱えて海辺をうろうろしていると、そこに雷を落としてくださいと言っているようなものですからね。

 

 

 人によっては何日も前から準備をして、いざ釣りに行こうと思ったら天候が悪化してしまった。子供と約束してしまい、引くに引けなくなった…そんなこともあるかと思います。僕自身も、何度も経験があります。

 でも、そこで無理をして海に出かけて行って、危険な目に遭ってしまっては本末転倒です。何事においてもそうですが、時には「退く勇気」も大事ですよ。

 

 

f:id:Jackpot_fishing:20180425232538j:plain

 昨年は雨と風で、えらい目にあったことがありましたが…。

 

 

 天気が悪い日には、水族館にでも行って魚を眺めて癒されましょう。

 水族館で魚を眺めているだけでも、意外と釣りのヒントはあちこちに隠されていたりしまして…その話については、また改めて。

 

 

参考URL:釣具のポイント ホームページ「釣り中の海難事故を防ごう」